倉林 陽
Managing Partner / Head of Japan
Areas of Focus
SaaS/クラウド
デジタルマーケティング
フィンテック

倉林は、日本のB2Bテクノロジーセクターにおいて米国流の投資スタイルを確立し、業界の健全な発展に貢献すべくキャリアを築いてきました。これまでに数多くの国内SaaSベンチャー企業に対し、主としてアーリーステージからリードインベスターとして投資し、社外取締役として成長を支援しています。

現在、DNXの日本側の投資を統括し、マネーフォワード(東証PRM 3994)、データX、アンドパッド、サイカ、TableCheck、カケハシ、UPWARD、マツリカ、toBeマーケティング、トレンドExpress、アダコテック、Creadits、テックタッチ、ROMS、FLUX、ナレッジワーク、HERP、アルプ、Shippioの社外取締役を務めています。

これまでの主な過去の投資、支援先はSansan(東証PRM 4443)、マネーフォワード(東証PRM 3994)、チームスピリット(東証GRT 4397)、ホットリンク(東証GRT 3680)、テラスカイ(東証GRT 3915)、シナジーマーケティング(Yahoo Japanにより買収)、1st Holdings(オリックスにより買収)、シャノン(東証GRT 3976)、カブク(双葉電子工業により買収)、Beceem Communications(Broadcomにより買収)、Smart Signal(GE Intelligent Platformにより買収)等。

2015年3月にDNX Venturesに参画する前は、Salesforce Ventures、Globespan Capital Partnersで日本代表を歴任。MBA留学前は、三井物産、および富士通にて、東京とシリコンバレーで日米のB2Bベンチャー企業への投資、および投資先の事業開発に従事。

ベンチャーキャピタリストとしての活動の他に、KKR、プロバレーボールチームVoreas北海道、東京工業大学院リーダーシップ教育員のアドバイザーも務めています。

同志社大学博士(学術)、ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA修了。東京大学Executive Management Program修了(第17期)

著書「コーポレートベンチャーキャピタルの実務」(中央経済社)

Areas of Focus
SaaS/Cloud Computing
Digital Marketing
Fintech
Board
Andpad
KAKEHASHI
DataX
FLUX
TechTouch
Knowledge work
Adacotech
Alp
Alphaus
Creadits
HERP
Mazrica
Novarca
Roms
Shippio
Table Check
Upsider
XICA
Active Core Investments
Commune
Magic Moment
Hubble
Medup
Restar
Emium
Shippio
Roms
Cloudbase
Active Seed Investments
Rehasaku
Immedio
Miibo
Exited Investments
TeamSpirit
Clintal
Folio
Flect
Resily
ToBe Marketing
RELATED ARTICLE