Scroll

Team

Portfolio

Corporate
Partner

Event

About us

DNX Venturesは、あたらしい産業を創出し牽引するB2Bスタートアップに伴走します。

DNX Venturesは、あたらしい産業を創出し牽引するB2Bスタートアップに伴走します。

HQ

Tokyo & Silicon Valley

DNX Venturesは日米に拠点を構え、それぞれのファンドより日米を中心に世界各地のスタートアップへ投資を実行。投資先もチームもグローバルなファンドです。

Investment

Early Stage/ Global B2B

主要な投資対象はサイバーセキュリティ・フロンティアテック・リテール・フィンテックなどB2B領域のアーリステージのスタートアップ。一部シードにも投資しています。

Specialty

Customer Development

パートナー企業のオープンイノベーションを伴走。これまで200以上にもなるスタートアップとの協業の事例を輩出しています。

Portfolio

DNX Venturesは、業界、そして社会を変革しようと本気で信じるリーダーとチームの、大きな挑戦を応援しています。

DNX Venturesは、業界、そして社会を変革しようと本気で信じるリーダーとチームの、大きな挑戦を応援しています。

Corporate
Partners

DNX Venturesのファンドには、様々な業界の日本を代表する企業様からご出資を頂いています。
DNX Venturesは、ご出資社の皆様をスタートアップエコシステムに貢献する「パートナー企業」として捉え、共にオープンイノベーションによる新規事業開発に取り組んでいます。

DNX Venturesのファンドには、様々な業界の日本を代表する企業様からご出資を頂いています。
DNX Venturesは、ご出資社の皆様をスタートアップエコシステムに貢献する「パートナー企業」として捉え、共にオープンイノベーションによる新規事業開発に取り組んでいます。

Team

私たちはグローバルで多様性のあるチームです。
起業家、投資家、業界リーダーといった異なる専門性やバックグラウンドをもつメンバーで構成し、革新的な事業の成長をサポートします。

私たちはグローバルで多様性のあるチームです。
起業家、投資家、業界リーダーといった異なる専門性やバックグラウンドをもつメンバーで構成し、革新的な事業の成長をサポートします。

Event

DNX Venturesは、これまで多くの起業家や、各業界の専門家、業界をリードする企業幹部が集まるイベントを開催してきました。
目的に合わせて、テーマやターゲット、規模を変えて様々なイベントを開催することで、相互に学び合い成長していく機会を提供しています。

DNX Venturesは、これまで多くの起業家や、各業界の専門家、業界をリードする企業幹部が集まるイベントを開催してきました。
目的に合わせて、テーマやターゲット、規模を変えて様々なイベントを開催することで、相互に学び合い成長していく機会を提供しています。

UP COMING

DNX B2B Summit

日米B2Bスタートアップへの投資の最前線で見聞きしてきたテクノロジーやビジネスをご紹介するため、日米で活動するB2Bベンチャー業界のキーパーソンや投資先をお招きし、B2Bスタートアップの取り組みや最新動向、スタートアップのビジネスの考え方や事業推進についてディスカッションするサミットを開催。2020年からは日英同時通訳にてオンライン配信もスタートしました。

Portfolio Workshop

DNX Venturesの投資先支援は、資金面でのサポートにとどまりません。スタートアップの成功を後押しすべく、私たちは年間を通してワークショップやイベントを開催し、創業者とチームを私たちが知る最も優秀なエキスパートとお引き合わせすることで、各社の目標達成やより困難な問題解決にお役立てていただいています。

Bites and Insights

共通の課題や悩みを抱える起業家と経験豊富な投資家を集めて開催する少人数の招待制イベント。それぞれの業界毎にテーマを絞ることで、質の高いネットワーキングの機会を提供しています。起業家はそれぞれの課題と悩みに対して、軽食やカクテルを片手に投資家や業界知見者から気軽にアドバイスを聞くことができ、最適な改善策やパートナーを見つけることができます。

Pitcher Catcher

パートナー企業向けにシリコンバレーで開催しているテクノロジートレンドやスタートアップのエコシステム・考え方について学ぶマインドセット醸成プログラム。ビジネス創出をスムーズに実現するには、主担当者(ピッチャー)を育成だけでなく、社内事業部で同プロジェクトを推進する社内体制の整備と、国内側担当者(キャッチャー)の育成も重要と考えています。